蘇州有情とは蘇州写真館蘇州便利帖蘇州有情 ツアー紹介蘇州有情 お問い合わせ蘇州有情 逸品ショップ

蘇州世界遺産

蘇州を代表する古典園林と昆曲が、
有形世界遺産と、口述・無形世界遺産に登録されています。

有形文化世界遺産   古典園林

1997年12月と2000年11月に、蘇州の古典園林を代表する、
拙政園、留園、網師園、環秀山荘、倉浪亭、獅子林、芸圃、オウ園、退思園
の9箇所がユネスコの「世界文化遺産」に登録された。

蘇州の古典園林の歴史を遡ると紀元前600年余の呉王の園林に到る。
個人の園林が建設された最初の記載は東晋時代(4世紀)。
以後時代が下るにつれて、名園の造園が増え、
特に明清時代、蘇州は中国で最も経済が繁栄した都市となり、
古城の内外に建築され、16世紀から18世紀に最盛期を迎え、
200箇所余りの園林が築造された。

現存するのは、数10箇所。
蘇州の園林は、中国園林の代表とされ、
中国の芸術、思想、哲学の結晶と称される。

拙政園 留園 環秀山荘
網師園 倉浪亭 獅子林
芸圃 退思園 オウ園

口述、無形世界文化遺産 昆曲

昆曲は、14,15世紀に昆山を発祥の地とする曲唱芸術。
一般に舞台で演じられる際は昆劇と呼ばれる。
京劇など、中国各地のルーツとされ、
昆曲の優美さ、格式ある曲調、演技は中国戯曲の最上位に位置される。
2001年にユネスコ文化遺産に登録される。

2008年春、蘇州昆劇院と坂東玉三郎が合作。
京都と北京で「牡丹亭」が演じられ、日本でも話題となる。



ブログ とんぼの蘇州万華鏡

 
 
                                                about uslink
                                            蘇州友好国際旅行社日本部 
                                     tel:+86-(0)512-65241600 mail: info@sy-tour.net
                                     掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します

                                       Copyright(c) sosyu yuzyo all rights reserved